韓ドラ☆馬医 第18話「診断の行方」

BSテレ東4KBSテレ東4K
2019年8月14日(水) 10時55分~12時00分

韓国歴史ドラマ界の巨匠イ・ビョンフン監督作品。馬の医者から王の主治医にまでなった男の波乱に満ちた生涯を描く大作!
【全50話/韓国語放送・日本語字幕付き】

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

番組内容

クァンヒョンの患者はなんと、国王である顕宗だった。クァンヒョンの診断は王の病名は牛や馬などがなる胆石だった。
しかし、どの医学書にも人間の胆石は載っていない。そして診断の時。テジュの診断は胃炎。それはミョンファンと同じ診断だった。
一方、クァンヒョンは白紙を出す。顕宗に促され、正直に話すが、それを聞いたミョンファンは王を侮辱したと騒ぎ立てる。
ミョンファンはクァンヒョンを追放すべきだと主張するのだが…。

出演者

 チョ・スンウ
 イ・ヨウォン
 イ・サンウ
 ユソン
 ソン・チャンミン

脚本・演出

【脚本】キム・イヨン
【演出】イ・ビョンフン、チェ・ジョンギュ

ストーリー

時は17世紀——朝鮮王朝時代。共に医学の道を志し、身分を超えた友情で結ばれた三人の若者、カン・ドジュン(チョン・ノミン)、イ・ミョンファン(ソン・チャンミン)、チャン・インジュ(ユソン)。互いに腕を磨き夢に向かって歩んでいたが、ある時、朝廷内の陰謀による昭顕世子暗殺事件に巻き込まれ、その友情は悲しくも崩れていく。
イ・ミョンファンの裏切りからカン・ドジュンは世子暗殺の罪をかぶせられ処刑に…。

ストーリーつづき

その後、罪人カン・ドジュンの息子として生まれたクァンヒョン(チョ・スンウ/少年時代:アン・ドギュン)。すぐに処刑されそうになるが、女児なら処刑を免れるため、カン・ドジュンを慕う奴婢(ぬひ)ぺク・ソック(パク・ヒョッコン)が自分の娘チニョン(イ・ヨウォン/少女時代:ノ・ジョンイ)とすりかえる。一命を取り留めたクァンヒョンは、奴婢として牧場で育てられ、やがて腕利きの馬医へと成長する。

関連情報

【番組公式HP】
www.bs-tvtokyo.co.jp/bai/

映像について

この番組は、BSテレ東(2K)放送番組を4Kにアップコンバートして放送しています。

おすすめの関連番組

    あなたにおすすめの番組