放送日
2017年2月13日(月) 13時50分~15時55分

オヤジの怒りは雷の如く悪を追いつめる!過去の悪夢を引きずる鬼刑事セガールが、凶悪な連続殺人犯2人に挑む。迫真のサイコ・サスペンス・アクション!(2008年/米・加)

出演者

スティーブン・セガール(ジェイコブ・キング)[声]:大塚明夫、
クリス・トーマス・キング(ストーム)[声]:大黒和広、
ホリー・エリッサ・ディグナード(フランキー・ミラー)[声]:田中敦子、
アイザック・ヘイズ(アイス検視官)[声]:麦人、
マイケル・フィリポリック(ラザラス)[声]:壇臣幸

監督・演出

【監督】ジェフ・F・キング

制作

【製作年/国】2008年/アメリカ・カナダ

ストーリー1

メンフィス市警のジェイコブ・キング(スティーブン・セガール)は、“ライトニング(雷神)”と呼ばれる凄腕刑事。彼は10歳の時、双子の弟が殺害される現場を目撃して以来、その悪夢から逃れることができずにいた。そのため、犯罪者を憎む気持ちは強く、極端な暴力を用いてでも犯罪者を捕まえようとするのだ。ある夜、ジェイコブは通報を受け、相棒のストーム(クリス・トーマス・キング)と現場に急ぐ。

ストーリー2

すると、そこには胸に時限爆弾を埋め込まれた若い女性が倒れていた。ジェイコブは残忍な殺人犯であるビリー・ジョー(マーク・コリー)の犯行だと見抜き、犯罪現場を見渡せるアパートに潜伏していたビリーを発見。格闘の末、爆弾の解除コードを自白させる。FBIから派遣されてきた女性捜査官フランキー(ホリー・エリッサ・ディグナード)は、ジェイコブのその暴力的な捜査方法に批判的な態度を取る。

ストーリー3

せっかく逮捕したビリー・ジョーも逮捕の方法に問題があったとされ、釈放されてしまう。ビリーはジェイコブへの恨みを忘れず、復讐を企む。ジェイコブはまた、すでに5人も殺している“グリフター(流れ者)”と呼ばれる連続殺人鬼も追いかけていた。その犯行現場にはいつも占星術の記号が書かれた紙が残されていた。ジェイコブはフランキーと共にその謎解きに挑むが…。

音楽

【午後のロードショー オープニング・エンディング曲】
「AROUND THE WORLD」Victor Young

関連情報

http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/

    ランキング