• #
  • トップ
  • ライフ
  • 30歳過ぎて脱サラし、趣味を仕事にした自由人。猛反対の妻が最...

30歳過ぎて脱サラし、趣味を仕事にした自由人。猛反対の妻が最後にOKしたワケは?:家、ついて行ってイイですか?

ライフ

テレ東

2019.9.10 家、ついて行ってイイですか?(明け方)

homeii_20190910_01_2.jpg
【配信終了日: 9月17日(火)】動画はこちら

9月9日(月)放送の「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜3時55分~放送)は、海の家の買い物代金を払う代わりに、家を見せてもらう企画。三浦海岸海水浴場で出会った、小﨑直裕さん(49歳)の家について行きました。

真夏のビーチで2頭の大型犬とお散歩中だった小﨑さんは、バンダナにサングラスとただ者ならぬいで立ち。しかし、コーラ200円で、快く取材をOKしてくれました。

自営業で大工を営む小﨑さんは、自宅もご自身で作ったといいます。いったいどんなお家なのか気になりますが、その前に小﨑さんの自己紹介を。

アメリカのカントリーが大好きだという小﨑さん。東京の大田区六郷出身で、家族は奥さんとお子さん3人と、2頭のワンちゃん、ジャーマンシェパードのマックスちゃんとインディーちゃん。2人のお子さんは独立して、今一緒に暮らしているのは次女だけ。

homeii_20190910_02_2.jpg
「家の広い敷地の中で、仕事もしたいし、大型犬も飼いたい」との理由から、金田湾を一望できる高台の小網代に一軒家を建てたそうです。小﨑さんの運転する車で家に向かう途中、「後ろみてごらん」と言われてスタッフが目にしたのは、海を臨む絶景! 「こんな景色、誰の許可もいらないから」 小﨑さんからカッコイイ言葉が飛び出します。

homeii_20190910_03_2.jpg
「70年代のアメリカの一軒家」がテーマの二階建ての白い家はドラマのロケ地のようなカッコよさ。玄関先のベンチや、両手で上げ下げする窓「ダブルハング」、この6月に作ったばかりだという両開きの玄関扉など、どこを見てもアメリカの映画に出てくる家のよう! ワクワクが止まりません!

homeii_20190910_04_2.jpg
室内は土足なのもアメリカ式。築4年、6LDKの家の中には、昔のバスチケット売り場を再現した小﨑さんの仕事場も。ビリヤード台の照明やテレビ台などもすべて手作りで、「買ってきたものを並べるのは嫌いだから」と小﨑さん。

homeii_20190910_05_2.jpg
その他、インテリアは小﨑さんがアメリカで購入してきたものや、米軍基地で働いていた人からもらってきた古いレコードなど、とにかくオシャレ。

アメリカン大好きなご主人の趣味がめいっぱい詰まった家ですが、「それでいいんですか?」と質問すると、奥さんは「いいんです!」と即答。

homeii_20190910_06_2.jpg
ちなみに、昨年銀婚式で奥さんに「プレゼント何がいい?」と聞いたところ「暖炉が欲しいというから、俺が自分で作ったんだよ」と小﨑さん。念願の暖炉に、奥さんも「うれしい♪」と大満足のご様子。

その他、マグロも洗えそうなキッチンや、プリンセスのような天蓋付きのベッドがある娘さんの部屋、そして寝室からは余裕のオーシャンビュー! 一通りお家を案内してもらうと小﨑さんは「ビール飲んでいいですか」とゴクリ! 「午後3時過ぎたら水は摂らないの」と粋なコメント。

ここまで小﨑さんがアメリカにこだわる理由とは? 「カッコイイじゃん、デカイ家に住んで、デカイ車に乗って。理屈とかじゃないんだよね。無駄が多くてさ、なんかカッコイイ」。子どもの頃に、横浜の本牧で見た家が原風景となって、憧れが募ったそうです。

homeii_20190910_07_2.jpg
ちなみに、この自慢のお家は土地代も併せて2000万円と意外にお安いことが判明。

会社員時代から日曜大工をやっていたという小﨑さんは、30歳過ぎてから転身。「脱サラして、今まで勉強した事を活かした仕事がしたい!」と奥さんに相談したところ、猛反対されたそう。とは言え、最後は許してくれた奥さん。まずはアメリカ中古家具の店を開いてみたものの鳴かず飛ばずで、奥さんの「アメリカに行ってみれば?」の言葉に背中を押され渡米。アメリカの職人を取材して勉強し、真似をしているうちに、だんだん家具や店を作る仕事が増えていったのだとか。

2人で「商売を始めて10年たった年に、広い見晴らしのいい土地に家を建てよう!」と方向性を決め「夢に向かって一直線!」と、当時を振り返る小﨑さん。隣で奥さんは「叶った」と微笑みます。

ちなみに収入は? 小﨑さんが店を一軒手がけると、製作に1ヵ月半くらいかけ料金は200万~250万円。そういう仕事が3件くらいあり、その他に部分的に作るものもあわせ、収入は月々100万円程度になるそうです。

homeii_20190910_08_2.jpg
19歳で出会って23歳で結婚した2人、ずっと旦那さんを応援してくれるという奥さんに、「こういう事をもしできている男がいたら、必ずこういう奥さんがいます。内助の功。陰で支えてくれる人がいます」と小﨑さん。奥さんへの感謝の気持ちを素直に話してくれました。そしても奥さんも「夫がやりたいようにやっているのが、好きかも」と。ここは2人で作ってきた家なのです。

homeii_20190910_09_2.jpg
最後に見せていただいたバスルームには、奥さんが憧れていたという猫足のバスタブが。流し台前の大きな鏡は、「並んで歯磨きできる♪」と2人仲良く歯磨きをしてくださいました。

銀婚式を過ぎても、お互いの想いを隠すことなく素直に言える夫婦って素敵ですよね。これからも夫婦二人三脚で、素敵なお店を作ってほしいですね!

この放送は、現在「ネットもテレ東」で配信中です。ぜひチェックしてみてください!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

終電を逃した人に、タクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行き、それぞれの家で発見される素敵な人生ドラマを追いかけます。「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」は、毎週月曜 深夜3時55分

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 夜9時

出演者

ビビる大木、矢作兼、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧