-

【第14回】グルメライター格付けチェック『サラミ』編 !「イタリア産の超高級サラミ」vs「コンビニのサラミ」

3月20日(月)11時45分配信


違いがわかる大人は実にカッコいい。普通なら見逃してしまうような些細な差を見抜き、特別な価値観を見いだせる大人に憧れない人はいないだろう。違いがわかる大人になれるよう努力し続けることが、人生を楽しむ秘訣なのかもしれない。

そして我々ライター業も、違いがわかった方がいい稼業である。違いがわかるからこそ、様々な着眼点で毎日の記事が執筆できるのだ。ただし、本当に違いがわかっているのかは人によりかなり怪しいことも事実……。我々は本当に違いがわかる大人なのか? 今回の『グルメライター格付けチェック』は「サラミ」で記者たちの味覚をジャッジしてみたぞ。

・高い方を当てる
まずはいつも通り、簡単にルール説明をしよう。ライター達が見分けるのは、あくまで「高い / 安い」であり「ウマい / まずい」ではない。目隠しした状態で1度だけ試食し、高い方を当てるというシンプルなルールだ。負けると自然に無口になる企画、それが『グルメライター格付けチェック』である。

今回用意した高級食材は、伊勢丹で購入したイタリア産の「トリフィリサラミ」で価格は税込2721円だ。商品名の通りトリュフが使用された贅沢なサラミは、手間暇かけて熟成させた至高の逸品。普段はなかなかお目にかかれない、超セレブサラミである。

もう一方は、コンビニで購入したサラミで、こちらはチーズが半分入って税込198円。重量差を考慮すると、およそ10倍の価格差があることになるが、果たしてライター達はその差を見極めることが出来るのだろうか?

ともあれ第14回の格付けチェックスタート! 無傷の4連勝をマーク中のK.ナガハシを始めとする、7名のライター達の出した答えは以下の通りである!!

・K.ナガハシ(通算成績4勝0敗)の答え:A

「うん、Aですね。はい、Aです。Aは赤身が多いのではないでしょうか。脂の口どけが全然違いますね。味が自然です。Bは脂の口どけが硬いです、ここが最大の違いです。明らかにAです」

・P.K.サンジュン(通算成績10勝3敗)の答え:A

「明らかに違いはある。ただ、どちらがウマいとかは難しい。Aは滑らかな食感で、Bはやや硬い。ハッキリしてるのは、いつものはBということ。どちらが好き嫌いじゃなく、いつものはBだから高いのはA」

・中澤星児(通算成績10勝3敗)の答え:A

「Aの方が塩分が強くて、風味が強い。Bはやや甘い感じがする。より “サラミ感” が強いのはAかなー? 独特の臭み……イタリアのサラミはAでしょう」

・Yoshio(通算成績5勝3敗)の答え:A

「Aは肉のコクや旨味が豊か。Bはパサついていたし、よくコンビニとかで食べる味。Aは作り方にこだわっている感じがした。作り方わからないけど。確実にA」

・佐藤英典(通算成績7勝6敗)の答え:A

「Aの方が全体的にしっとりしていた。Bはパサついている。Bはいつものサラミって感じだった。Aはコショウの風味が強く、食べたことが無いサラミ。というわけで答えはA」

・GO羽鳥(通算成績7勝6敗)の答え:A

「いつも食ってるのは完全にB。Aの方が肉の味がしてジューシー。Aは正直、初めて食べた味。うーん、どっちにしよう……。やべえ悩むわ……よし、食ったことが無いからAで行く」

・りょう(通算成績5勝6敗)の答え:A

「Aは香ばしく、肉の旨味を感じた。Bはアッサリしすぎていて、ちょっと物足りなかった。酒のつまみに合うのはA。つまり答えはA」

……と、久々に答えが全員一致! ズバッと答えた者もいれば、迷いに迷った者もいたが、果たして答えはどちらなのか!?

AなのかBなのか!!!!!!!!!!!

どちらが「超高級サラミ」なのか!!!!!!!

正解は……!!!!!!!!!!

A!!!!!!!!!! 全員正解!!!! ヨーーーーーーシ! ぶっちゃけ、高級なサラミを食べたことが無かったので確信はなかったが、味の差自体はかなりあった。高級なサラミは脂の口どけがかなり違うから、通を目指す人は覚えておくといいだろう。

というわけで、今回は7人全員が正解という結果になったグルメライター格付けチェック。第15回大会は「ミートソース編」を予定しているぞ。しばし待たれよ!

Report:P.K.サンジュン
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ! →「グルメライター格付けチェック

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

関連リンク

-

ページの先頭へ